気づけば9月

日々駆け足で過ぎて行ってしまって、やりたいことやらねばならぬことが追い付かない今日この頃。(部屋の掃除とか、、部屋の片づけとか、、、、、整理整頓とか)

 

今日のoto-asobiサークル、ベビークラスが台風を感じる天気の中、たくさん集まってくださって感激♡ 2歳クラスのお友達も怪しい天気の中ありがとうございました!!わが教室の生徒さんも自転車で突然の雨、きっとドキドキしたかと思います、そんなか、ありがとうです。

こんな蒸して不快な日、少しでも気分転換になったでしょか?

 

oto-asobiでは、主催のヨーコ先生がだいぶおなかが重くなってきた様子♡

おなかの中にいるときから赤ちゃんは主張してるんだなって感じてならない今日この頃。大学時代胎教の授業もあったのですが、当時は上の空で聞いていた話も、自分が妊娠時代は思わず教科書引っ張り出してみたり、、、でも思い出したいことは先生の話してた講義内容で、、、書き留めてない(苦)

確か、「さくら」を妊娠中ずっと聞かせてたら生まれてからその曲を聞かせると夜泣きが安定した、とかなんとか、、そんな話だったと記憶していて私もやってみたんです。モーツァルト!効果は、、、不明。一緒に聴いていたすでに生まれてますお姉ちゃんが癒されちゃって今でも好きなようですが、胎教していた下の子は、、、生まれてから毎日歌っていた歌のほうが落ち着く様子。

 

音楽ってその時の思いや気持ちをふと思い起こさせたりしますよね。

聴かねばならぬではなく、ママがリラックスして楽しんでいられるのが一番なのでしょうね。

 

でも、、、おなかにいるときからもしかしたら曲調に好みがあって、選択できるよういろいろ聞かせてたほうがいいのかも、なんて思ってしまったり。

 

そばにいる子供たちがどんな音楽が好きか、発見した時って嬉しい思いを通り越してなぜかおもしろい、かわいすぎる!自然と笑顔になってしまいます。

それは一歳前のベビークラスでもとってもよくわかる。

音楽とママにくるまれて楽しそうにしているえがお、なんだかとってもやさしい気持ちになります。。。

自分の周りにそんな世界があるって、本当に感謝です。。。