The ABC Song

今週はABCの電車パズルをつなげていきました。最初は「What's in your bag?」で袋に隠して(入れて)おいて、お歌でやり取りしました。「Tell us please」でA B Cが出てくると、みんなわくわくです。つなげてつなげて、長い電車の出来上がり、getting longer !getting longer!

わくわく、ドキドキ、どんどん長くなっていきます。出来上がったABC Train の上を四分音符(ABCD・・・・普通にジャンプ)、二分音符(深く座るG,P等)、八分音符(早くジャンプLMNO)、それぞれ曲のリズムに合わせて歌いながらジャンプしていきました。一歳から意外とかなり大きい子まで楽しめる遊びです。

今月の乗り物(動き)は電車、フープを持ってフープの電車で歩く、電車を降りてフープをくるくる回してcatch!やフープのトンネルをくぐるといった動作に、フープを持ってジャンプ、フープをスライドさせて動く、など曲に合わせて行っていたわけですが、音楽が止まったらとまる、曲調が変わったらそれに合わせて動く、など、とてもスムーズに即時反応できるようになってきていて、音と動きをもっと楽しめるようさらにレッスンの工夫をしていきたいです。何より、子供たちがレッスンに楽しく参加する意識をつなぎとめる手腕が必須です。まだまだ勉強です・・

 

今回の本は生徒さんのリクエストでClifford and the Grouchy Neighbors、音楽教室では、どうしても読みたいと思い本を用意している時もあるのですが、たいていは時間に余裕があるとき適当に(ごめんね)本箱の本をだして読んでいるのですが、サークルでは本読みタイムを作りたいので、本も工夫をしなくては、と考えてます。でも意外と、長くてわからないだろう・・・とはなから決めず、こうして本と出会えるのも子供って絵から考える力が素晴らしいから、ありかもな・・・って思う今日この頃です。しかし、いつでも我が家の本箱のすべての本を上手に読む練習をしておかなければならないという・・・やはり本は前もって用意するように心がけます。。。

ABC 
ABC