2011年

2月

25日

英語

まだ始めたばかりのこの教室。

最初はみんな英語ってどうだったっけ?

と、不思議に思うくらいどんどん英語が出てくる。

おうちできっと頑張っているんだろうな、ありがとうね。

 

英語って楽しいなって思ってもらえるのが一番だから、無理に言わせたりは絶対しない。最初は躊躇していても、なんどか促すと照れくさそうにポロっという子、自信を持って大きな声で言ってくれる子、動作と言葉が関連して自然に口から出てくる子、みんなタイプはいろいろだけど、びっくりです。正直心からうれしい。先生何言ってるかわからないって思われないよう私は極力努力しているわけですが、何よりお母さんの協力あってのことです。

 

日本人の両親を持って、日本語の生活の中で暮らしていくなか、子供には英語を話せるようになってほしいなって、思う場合と、片親の母国語が英語で片親の母国語が日本語の場合に子供にバイリンガルになってほしいなと思う場合とでは学ぶプロセスが違うとおもっています。住んでいる場所にもよりますが、日本にいて日本語を母国語とする両親と暮らしている以上、英語を母国語として話す人のように話せるようになってほしいと英語子育てをしていくのはとても大変です。

 

子育てをするうえで、英語と自分と子供と、どのように付き合っていくのか、そこをよく考えて、楽しく学んでいけるのがいいと思います。

 

私は自分から学びたいと思えるようなアプローチができたらいいなと思っています。

 

なにより言葉だから、どんどんお母さんが積極的に参加していくのがポイントだと思います。日本語と英語が混乱しないかと心配されるかたももしかしたらいらっしゃるかと思いますが、まず、その心配はないと思います。圧倒的に日本語のシャワーの中で暮らしてるわけですから。日本語と英語は全く違いますし。

 

ただ、たとえば、今日はsunny day でしょ、といういよりIt's sunny today.というか、sunny day!だけ言うとか、一つのセンテンスの中で日本語と混ぜて話さないほうが私は望ましいと思ってます。でも、あまり難しく考えなくて楽しんでいくのが一番です。

 

また、私の発音で大丈夫かしら?と思われるお母さんもいらっしゃるかと思いますが、おうちで正しい発音の英語のCDを聞かせておけば本来の音を吸収し聴きとる力が子供にはあるらしいので、そんな細かいことを今、気にするより、家族みんなで自然に積極的に英語のある環境を作り出していけたらいいですよね。大きくなって英語が話せるかどうかは、継続と環境と、何よりその子の話したいと思う気持ち、学びたいと思う気持ちがあってのことでしょうから、その前段階として、楽しい思いをたくさん育んでいけたらいいなって思います。ほめておだてて、結果本気で感動!な子育てです。

 

つらつら英語について書いてみましたが、これはあくまでも私個人の考え方なので、みなさんぜひいろんな情報をゲットし、選択し、楽しく続けていきましょう!私も英語と育児と自分とは当面のテーマですから・・・

 

そうそう、先日知人から三和音と英語学習の結びつきの話を聞きました。詳しくはわからないので、調べていきたいと思ってます。バイオリンと英語は聞いたことあるけど、和音?なんだろうね?

 

今日の本はSCHOLASTICのYou Are My Sunshine